住宅の保険に加入する

住宅購入時の保険とは

住宅を購入して加入すべき保険

住宅を購入したら、義務付けられている火災保険に加入します。水回りのトラブルも補償内容に含まれています。近年、被害の実例が増えている竜巻の被害も含まれています。台風などの強風が原因の自然災害は、風災として取り扱われています。竜巻を風災に含めているかは、加入するときに確認しましょう。地震に関しては任意なので、加入しない選択もできますから、契約内容を比較してみましょう。地震保険に加入しておくと、地震が原因で発生した火災も補償内容に含まれるので、補償範囲が広くなって安心できます。住宅が自然災害の被害から復旧するために、何が必要かを比較しながら、加入を検討しましょう。

住宅に関する保険の種類

住宅に関する保険には、ほとんどの人が加入する火災に関する契約と火災により焼失した家財に関する契約、自然災害である地震の被害に適応する契約など建物に関する補償以外に、融資を受けた債務者の死亡及び所定の高度障害状態に陥った時に住宅ローンを全額弁済する団信などがあり、それぞれが長期にわたり安心して住み続ける為に必要です。しかし、地震保険だけは、料金に対する割高感が強い上に補償範囲が30%〜50%と狭い事もあり、阪神淡路大震災や東日本大震災以降加入者が増えたものの、依然として加入率は非常に低いままです。

↑PAGE TOP